これから清水で仏具を新しく購入する場合に考えておくべきこと

ご先祖様や仏様に手を合わせ、心静かに祈ることの出来る場所であるお仏壇は、まるで小さなお寺のようなものともいえるでしょう。その仏壇への礼拝に使う道具をお仏具といいます。
ご先祖様や仏様に捧げながら、同時に供える側である、わたしたちのこころも和ませる花をいける「花立」、闇を明るく照らすようすから仏様の知恵を意味する、ろうそくを立てる「燭台」、その場を香りで浄化し、お仏壇に向かうひとの精神を整え落ち着かせる、お線香を立てる「香炉」をはじめ、いくつもの用具があります。
これらは、たいていお仏壇を手に入れるときに、いっしょに用意する場合が多く、お仏壇を売っている店にて手に入れることができます。清水にお住まいの場合、近隣のお仏壇用品店を利用するか、インターネットを利用しても手に入れることが出来ます。

一般的な現代の仏壇と道具の状況

お仏壇は、故人の四十九日までに用意するのが一般的です。昔は、人が亡くなってから初めて用意するものではなく、こどもが独立して家を持つときに、親が用意して持たせたものでした。現代よりも信仰・こころの拠りどころの意味合いが強かったようです。
しかし現代の都市部では、お仏壇の置いていない家も多く、置いていても簡略化されたものであったりする家庭も多いものです。そんな、ちいさなお仏壇であっても「花立」「燭台」「香炉」といったお仏具のなかでも基本的なものは用意しているものです。
清水でも、さまざまな家庭があるでしょう。ご年配の方の多い地域や、おじいちゃんやおばあちゃんと同居のお宅では、大きく立派な仏壇にいくつもの道具を使い、ご飯、お水やお茶、お菓子や果物などお供えしているのではないでしょうか。

モダンなものを選ぶときの注意点

お仏壇やお仏具は、お寺の宗派によって、並べ方や種類に違いがあります。これから用意する場合には、まず宗派を確認しておき、菩提寺にお話を伺っておくのもよいでしょう。お仏壇やそれにまつわる道具類もさまざまなものがあります。現代の住環境にあわせて、昔ながらの仏壇らしいものから、斬新な新しい形・素材のものも発売されています。
しかし家に訪れ、ご焼香してくださる清水のかたの中には、保守的なかたもまだまだ多くいらっしゃいます。あまり斬新すぎても、びっくりしてしまい、場合によってはあまり良い印象を与えないこともあるかもしれません。
もちろん、故人の希望や、残された家族のかたのお気持ちが一番大事ではありますが、何十年も使うものですので、客観的な視点での検討も必要ですね。

お仏壇のリフォームは、金沢産の金箔で張り直すものもあります。 仏壇,・仏具のことならお仏壇のやまきへご相談ください。 唐木仏像の修復は、彫刻を補修し、紋紗も新しく張り替えます。 お墓のご購入でお困りの方は豊富な施工実績のあるやまきへご相談ください。 和型に比べて低い形状が特徴の洋型デザインの墓石もご提供しております。 こだわりの仏具を清水で選ぶなら